木彫刻初心者が仏像を彫る

スポンサードリンク

頭部の角を取っていく

いままでだとここから楕円にする工程に入るのですが、今回は楕円にする部分が少なめなので、楕円に角を落としながら、角ばった頭部をしっかりと丸くしていきます。

 

自分の中で彫り方が固まっていたら、それほど悩まずに作業を進められるのでしょうが、まだまだ未熟者。いろいろと試行錯誤中。

 

この夢地蔵という作例は、多分これからも何体も彫っていく素材だと思っています。

 

そのためにも自分の中での手順を、しっかりと作っていきたいですね。

頭頂部から丸くしていく

八角に彫り終わった夢地蔵

 

ざっくりと角を落としただけの素材なので、正直に言ってまだ夢地蔵さんの形があまりイメージ出来ませんね。

 

本当ならここで、しっかりとした夢地蔵様のお姿が見えてこないと、しっかりとした形に彫れないのかもしれません。

 

まだまだ修行です。

 

夢地蔵に楕円に彫る補助線を入れる

 

ではここに楕円に彫る時の補助線を引いていきます。

 

楕円に彫るための補助線を入れた夢地蔵

 

あくまでもサポートとイメージということで簡単に。

 

ちょっと簡単すぎる補助線のような気もしますが。

 

夢地蔵の頭部を彫る

 

まずは大まかに削るので小刀を使っていきます。

 

大体の形が出来上がってきたら印刀で修正しながら彫っていきます。

 

頭頂部を丸く彫った夢地蔵

 

そしてまずは頭頂部が丸くなりました。

 

今の段階では単純に丸く彫り出しただけなので、頭部を作っていく段階では、また細かい修正をする予定です。

 

夢地蔵の首周りを彫るための補助線を書く

 

そしてここから肩やうなじ辺りなる部分を作っていきます。

 

そのために簡単に補助線を引き、頭部になる位置にアタリを付けていきます。

 

夢地蔵の首周りを彫る

 

頭の位置が決まったら、位置を決めるために簡単に彫っていきます。

 

ここでも最初に小刀。そのあとに印刀を使って削っていきます。

 

ここも首回りや襟元などと作り込んでいく時に大きく彫り進んでいく予定なので、大体のイメージが出来るような感じで少しだけ彫っていきます。

 

頭部の輪郭が彫れた夢地蔵

 

そして頭部を丸く出来ました。

 

傍から見ると、どこが頭でどこが首回りか判断がつきづらいかとは思いますが、私の中では確実にイメージが固まってきました。

 

頭部の輪郭が彫れた夢地蔵の後頭部

 

もっともそのイメージ通りに彫れるかは別ですが。

 

ただ少しでも彫っていくと、それだけでイメージは固まっていくものですね。

全体の角を軽く削っておく

頭部のイメージが出来たので、あとは全体の角を軽く落としておきます。

 

頭部の輪郭が彫れた夢地蔵の角を軽く落とす

 

胴体部分はかなり大きく彫り込む予定なので、大きめに削り出してもいいのですが、まだちょっと自信がないので簡単に軽く削っておきます。

 

使うのは印刀。前後左右の角を簡単に丸くしておきます。

 

頭部を丸くして大まかな輪郭だ出来た夢地蔵

 

ちょっとビビりな性格が出ていますね。本当に少しだけしか角を落としていません。

 

けれど頭が丸くなっただけでも、自分の中のイメージが固まってきたのは収穫です。

 

ここから下絵を描いて、夢地蔵の形が頭の中で出来上がってくれば、本格的な彫りに入れるかな。

 

 

       スポンサードリンク


拙いブログを読んでいただき、ありがとうございました。
ブログランキングへのクリックが私の活力源。
お暇があったらクリックよろしくお願いいたします。

関連ページ

夢地蔵の頭部の形を作る
尖って角のある夢地蔵の頭部を彫り、頭の形を作っていきます。顔を入れるので少々大きめに荒く彫っていきますが、ここで頭部の形が出来上がると、一気にお地蔵様の姿が見えてくるかな。
夢地蔵の首回りを彫る
大まかな形が出来つつある夢地蔵。ここから深く彫り込んで、首周りを作っていきます。大きく彫り込むため失敗すると取り返しがつかなくなるかも。慎重な作業がひつようになってきます。
夢地蔵の下絵を彫り起こす
下絵を描き終わり、イメージが固まった夢地蔵。ここから細部を彫るために、下絵の線を彫っていきます。
夢地蔵の下絵を描く
大まかに彫り終わった夢地蔵。これから細部を彫るために下絵を描いていきます。ここで夢地蔵の形が決まるので、慎重に作業します。
夢地蔵を八角に彫る
木取りが終わった夢地蔵の角を落とし、八角に彫っていきます。大まかな彫りですが、ここからが夢地蔵の彫刻になりますね。
夢地蔵の木取り
仏像彫刻四体目になる夢地蔵。まずは寸法に木を切り出し、木取りをしていきます。ここから新たな仏像彫刻のスタートです。