木彫刻初心者が仏像を彫る

スポンサードリンク

お手本よりもしっかりと形を出す

私がお手本としている「はじめての仏像彫刻」では、前回の下絵を彫る段階で、八割ほどの作業が終了していることになっている。

 

たしかにお手本の通りに彫り終わっても、可愛らしいお地蔵様が完成します。

 

ただ今回は、そこよりも少しだけ彫り進んでみようかと思います。

 

本当に初めての木彫刻だから、それほど無理をしなくてもいいとは思う。

 

ただもう少しだけ、もう少しだけ。

よりメリハリを付けた彫りに

まずはお手本の通りに顎の部分を彫り出していく。ただその際に、より頭部が協調されるように深めに広めに彫っていきます。

 

下絵を彫る時に目を彫らなかった理由がここです。

 

おだまき地蔵の顔を彫り始める

 

顔左半分を彫っているところを見てもらうと分かるかと思いますが。かなり大きく彫っています。

 

頭部と胴体をしっかり彫り分けるイメージで作業をしています。

 

そして頭部全体を彫り、目の部分を彫ってみると、下絵を彫り出した時よりも、かなり立体感が出ていると思うのですが。。

 

おだまき地蔵の顔が完成

 

もちろん仏像彫刻をやられてる方にとっては些細な違いに見えるでしょうけれど、この一彫りに私の思いが込められれば。

 

そして次に胴体部分。お腹の真ん中辺りを彫っていきます。

 

おだまき地蔵の胴体を彫る

 

ここを彫ることで、合わせた手と袖の部分が立体になって見える気がします。

 

小印刀や3mmの平刀などを使って、少しでも立体的に見えるように彫り進んでいきます。

 

ただ私が下手だからか、ちょっと木が毛羽立ってしまっている感じがしますね。

 

そして袖や襟元にシワや服の流れを刻むことで、私のイメージするおだまき地蔵の形が浮かび上がってきました。

 

あとは細かい仕上げをすれば完成です。

 

細かいところにアラや毛羽立ちがあるので、それらを修正しなくてはいけませんね。

 

次ページ:おだまき地蔵を仕上げる 初挑戦

 

 

       スポンサードリンク


拙いブログを読んでいただき、ありがとうございました。
ブログランキングへのクリックが私の活力源。
お暇があったらクリックよろしくお願いいたします。

関連ページ

おだまき地蔵を仕上げる 初挑戦
細部を調整し、表面を綺麗に仕上げておだまき地蔵を完成させます。未熟な技能ゆえの仕上がりになってしまいますが。それでも丹精込めて丁寧に。
おだまき地蔵の下絵を彫り起こす 初挑戦
下書きしたおだまき地蔵。その下絵の線を掘り起こす作業に入ります。ここから本格的な彫刻作業とも言えますね。さて綺麗に彫ることが出来るでしょうか。
おだまき地蔵の下絵を描く 初挑戦
楕円に彫って輪郭が見えたおだまき地蔵に下絵を描きます。絵がヘタな私にでも上手に描けるかな?
おだまき地蔵を楕円に彫る 初挑戦
おだまき地蔵を楕円に彫り、大まかな輪郭を作る作業に入ります。全体の形を作る大切な工程です。優しいシルエットに仕上げたいですね。
おだまき地蔵を八角に彫る 初挑戦
木取りの終わったおだまき地蔵の角を削り、八角形に彫っていきます。彫刻刀を使った初めての彫刻作業です。
初めてのおだまき地蔵の木取り
初めての仏像彫刻チャレンジに、まずはおだまき地蔵を彫り始めます。まずは木取りという作業に取り掛かります。