木彫刻初心者が仏像を彫る

スポンサードリンク

最終段階

顔も無事に彫り終わり、招き猫もあと少しで完成です。

 

あとは細かい部分の溝を掘り、全体を仕上げる作業です。

 

ちょっとブサカワっぽい招き猫になりつつありますが、最後は丁寧に仕上げて綺麗にしてあげたいですね。

手足の指を彫る

ここまでで全体の彫りが終わった招き猫。

 

顔も入り大まかに彫り終わった招き猫

 

自分で言うのもなんですが、かなり愛嬌のある招き猫になったと思うんですよね。

 

ちょっとブサカワっぽいのは否定しませんが。

 

ではこの招き猫の手足の指を彫っていきます。

 

招き猫の指を彫り出す

 

指の溝を掘りながら、細かいバランス調整をするために印刀でパーツパーツを削っていきます。

 

そこで髭が無いことに気付いたので、髭も彫りました。

 

あとは凸凹している表面を綺麗にするために薄皮をむくように彫り進めていきます。

 

所々に鉛筆の下書き跡があったので、こちらも削り落としていきます。

 

溝の毛羽立ちも印刀や三角刀を使って表面を仕上げ、修正していきます。

 

完全な曲面は難しいですが、少しでも滑らかに。

 

完成した招き猫の正面

 

そして完成したのがこの招き猫さんです。

 

 

スポンサードリンク

招き猫完成

初めて招き猫を彫ったわけですが、わりと順調にトラブルも少なく彫り終わりました。

 

完成した招き猫の手をあげた側面

 

どっしりと座り込み、右手で福を呼んでいる招き猫の完成です。

 

まだ全体がカクカクしているようですが、これくらいが精一杯。

 

手彫り感があって可愛いかな。

 

この招き猫は紙やすりで磨いて、ツルツルにしようかとも思いましたが、この手彫り感も味わいがあるかもとそのままです。

 

完成した招き猫の背中

 

お知りには丸い尻尾が付いています。

 

背中がかなり広いのですが、特にアクセントは付いていません。

 

ここにはアイテムを付けてもよかったかも。

 

背中に小判とか背負わせたら金運がアップするかな。

 

完成した招き猫の横からの姿

 

「はじめての仏像彫刻」の見本では四葉のクローバーを持っていた左手ですが、私が持たせ忘れてしまいました。

 

しかし見本の招き猫とは似ても似つかないものになってしまいましたね。

 

けれどちゃんと招き猫には見えるので、まあよしとしましょう。

 

三体目にして少々大きめな木彫刻でしたが、私の手には手頃な大きさだったのか、かなり彫りやすかったですね。

 

左右非対称なのも初めてでしたが、それほど破堤しないバランスになったつもりです。

 

作例とは似ても似つかない招き猫にはなってしまいましたが、この子が幸運を招き寄せてくれたら嬉しいな。

 

 

       スポンサードリンク


拙いブログを読んでいただき、ありがとうございました。
ブログランキングへのクリックが私の活力源。
お暇があったらクリックよろしくお願いいたします。

関連ページ

招き猫の顔を彫る
招き猫のイメージを決める顔を彫っていきます。優しく穏やかで、たくさんの福を招いてくれるような表情を彫っていきたいですね。
招き猫を楕円に彫る
八角形に彫った招き猫の角を取り、全体を丸みを帯びた楕円形に彫り進めていきます。ここで大体の全体像が決まります。焦らず優しいラインを作り出したいですね。
招き猫を八角に彫る
木取りした招き猫を八角に彫ります。今までと違い立体感があるので、八角と言ってもかなり難易度が上がっています。さて無事に彫れるのでしょうか。
招き猫の左右の手を彫り出す
招き猫の特徴とも言える高く上げられた右手。今までの工程とは違う、彫り起こすという作業になります。今回は両手を彫り出してみたいと思います。
招き猫の木取り
さて仏像彫刻三体目のチャレンジは招き猫です。まずは木取りの作業から。今までよりも木材のサイズも大きくなり、徐々にレベルアップしている感じがしますね。