木彫刻初心者が仏像を彫る

スポンサードリンク

人々に愛される守り神

今回は仏像とは少し離れてしまいますが、人々に愛される人やお金を招いてくれるマスコット「招き猫」を彫っていきたいと思います。

 

左右非対称で扱う素材も大きくなり、難易度的にもワンランク上がった木彫刻になりそうです。

2017/04/17 13:20:17 | 三体目 招き猫
顔も無事に彫り終わり、招き猫もあと少しで完成です。あとは細かい部分の溝を掘り、全体を仕上げる作業です。ちょっとブサカワっぽい招き猫になりつつありますが、最後は丁寧に仕上げて綺麗にしてあげたいですね。
2017/04/16 11:34:16 | 三体目 招き猫
招き猫の全体像がほぼ決まったので、これから最重要となる顔を彫り始めます。最初のおだまき地蔵から始まって、まだ本格的に「顔」というものを彫っていない私。幸せを呼び寄せてくれる、満面の笑顔を彫りたいですね。
2017/04/15 21:15:15 | 三体目 招き猫
「はじめての仏像彫刻」では便宜上、楕円に彫るということになっていますが、実質的にはここで造形をしっかり作っていくという段階になりそうです。とくに私が彫っている招き猫は、なぜか本の作例とはかなり違う形になってきているのでなおさらです。私も自分が不器用なのは自覚していましたが、なんで本を見ながら同じ型紙で彫っているのに違う形になっていくのは不思議です。とはいえまあそれなりに可愛くなってきている招き猫。ここでさらに可愛らしく彫っていきたいと思います。
2017/04/13 20:31:13 | 三体目 招き猫
今回の招き猫も、ここからは今までと同じような工程で進みます。まずは八角形に彫っていきます。ただ今回は手足などもあるので、今までのように単純に八角形にしていけばいい訳ではありません。全体の形をイメージしながら、まずは八角形に彫っていきましょうか。
2017/04/12 18:39:12 | 三体目 招き猫
今までは木取りした後は八角形に彫る工程に入っていました。しかし今回の招き猫は右手を大きく上げた左右非対称の形をしているので、ここで右手を彫り出す作業をします。左右非対称の仏像は非常に多いので、その勉強と言うことになりますかね。右手はお金を招いてくれる大切な手だそうです。綺麗に可愛く彫りあげたいな。
2017/04/11 19:20:11 | 三体目 招き猫
仏像彫刻を始めてから数週間、ついにまる喜から購入した木材を使った彫刻に取り掛かります。今回彫るのは招き猫。仏像ではありませんが、日々を見守ってくれる木像にしたいですね。優しくて愛嬌のある招き猫が、たくさんの福をもたらしてくれたら嬉しいな。まずは木取りからしっかりと作業していきます。