木彫刻初心者が仏像を彫る

スポンサードリンク

田舎では入手が大変な仏像彫刻の素材

私が住んでいるのは関東でも端っこの田舎なもので、周囲の山には木が生い茂っています。

 

だからと言って木彫刻の素材に困らないくらいに木がいっぱい売っているかと言われると、実はそんなこ事もないんです。

 

実際に私が仏像彫刻を始めてみて、かなり困ったのが材料となる木材です。

 

そこでネット上で見つけて購入したのが「まる喜」の彫刻用の檜材でした。

まる喜で彫刻用木材を注文

ということで近所で素材を探すことをあきらめ、購入先に選んだのがこの「まる喜」さんです。

 

個人で仏像彫刻をするのには手頃なものから、かなり本格的なサイズまで取り扱っているこのお店。

 

オーダーメイドでのカットも受けてくれているようです。

 

ただ一点、送料で気になるところがありまして、全て送料別なのですが、まとめ買いの時でも個別に送料が発生すると書いてあります。

 

ただ送料表を見ると箱単位のようにも読めます。

 

メールで確認すればいいのですが、それほど大量に買うわけでもなかったので、今回はお試しということで、2つの商品を購入して、送料が一つ分か二つ分か試してみました。

 

購入したのは

  • 60mm×60mm×120mm 10個セット
  • 90mm×90mm×200mm 1個

の2種類です。

 

大きいサイズの素材は、まだ私が使うレベルではないのですが、どうしても欲しくなって注文してしまいました。

 

午前中に注文すると、夕方には確認メールが届いていました。

 

送料は800円、1個分の送料での購入が出来ました。

 

注文量に気を付けなければいけませんが、これで安心してまとめ買いが出来ます。

 

まる喜さんは住宅建材サイズの木材を扱っているので、個別送料の記載は、そちらの方への説明なのかな。

梱包とおまけ

そして数日で彫刻用木材が到着。

 

まる喜のホームページに書かれていた出荷予定日よりも二日ほど早い出荷でした。

 

たぶんこれは、いろいろな条件が重なって早くなったと思われるので、基本的にはHPに書かれている出荷日を基準に考えた方がいいかと思います。

 

ということで届いた箱がこちら。

 

まる喜から届いた箱

 

すでのこの箱の状態から、檜のいい香りが漂ってきます。

 

そして開封してみるとさらにいい香り。

 

まる喜から届いた箱を開封

 

注文した彫刻用木材は、丁寧に包装されているようです。そしてそれらを固定するために木材が入っているようですね。

 

その固定用の木材を確認すると、

 

まる喜から届いた箱の中で固定用に使われていた木材

 

私はそれほど木に詳しいわけではないのですが、この香りや木の質をみると、これって檜なんじゃないですかね?

 

固定用木材のサイズは

  • 50,8mm×48.5mm×121.2mm
  • 48.9mm×37.8mm×125.8mm

となっています。

 

若干、切断面の処理が荒いのですが、製品ではないので当然として、このサイズなら断面を再カットして処理しても十分に仏像彫刻に使えますね。

 

またサイズはもとより木材の質も高そうで、節などが入っている様子もありません。

 

実質、おまけの彫刻用素材が二本付いてきたのと同じことですね。

 

たぶんこれは梱包状態によっても違いますし、入っている木材もサイズも場合によって変わってくるとは思いますが、これはかなり嬉しい。

 

彫刻用木材としてもかなりお安い設定なのにこのサービス、送料は掛かるものの、これはかなりお得なお店。

 

 

スポンサードリンク

高い品質の彫刻用檜材

箱の中で暴れて角が緩くなったり表面が傷んだりしないように、固定や包装されている木材。これを見るだけでも木を大事に扱っているなと言うのが分かります。

 

綺麗に包装されたまる喜の木材

 

ではその木材をチェックしてみましょう。

 

今回、2種類11本の彫刻用木材を注文しました。まずは10本セットで頼んだ60mm×60mm×120mmを見てみましょう。

 

まる喜の小さめな檜の木材

 

綺麗な木肌と整った木目が美しい檜の彫刻用木材です。梱包の丁寧なので角もしっかりと立っています。

 

まる喜の小さめな檜の木材の幅を測定

 

幅は60.2mmになっていて、ショップHPに記載されている通り、コンマ数ミリ大きくなっていますね。

 

まる喜の小さめな檜の木材の縦を測定

 

縦は120mmのほぼジャストなサイズになっていました。

 

そして次に90mm×90mm×200mmの木材をチェック。

 

まる喜の綺麗で大きな木材

 

こちらもかなりクオリティーの高い彫刻用の木材です。さすがにこのサイズだと存在感がありますね。

 

このサイズの仏像を彫れるようになるのは、いったいいつになることやら。

 

まる喜の大きな仏像彫刻用木材の幅を測定

 

幅は90.2mmと、こちらもコンマ数ミリ大きくカットされています。

送料を払っても使いたいクオリティー

届いた木材は、私のような初心者が使うのには勿体ないほどのクオリティーでした。

 

しかも価格もかなりお安い設定になっています。

 

若干送料が掛かりますが、それを差し引いてもかなりお得な彫刻用木材ではないでしょうか。

 

用意されるサイズはそれほど多くは無いかもしれませんが、オーダーメイドでカットもしてくれるそうです。

 

私の場合は用意されているサイズでも十分過ぎるほどですが、これからいろいろな仏像を彫っていくことになったら、サイズ指定でカットしてもらうことになるかもしれません。

 

これから長い仏像彫刻の世界。こちらのショップとも長いお付き合いになりそうです。

 

公式ショップリンク:まる喜

 

 

       スポンサードリンク


拙いブログを読んでいただき、ありがとうございました。
ブログランキングへのクリックが私の活力源。
お暇があったらクリックよろしくお願いいたします。

関連ページ

SK11 木工用角度切鋸で木材を薄く切る
非常に便利なSK11木工用角度切鋸ですが、仏像彫刻用の小さな木材を切るには小回りが利かない。なのでちょっと細かな細工が出来るように試してみた。
ツインバード サイクロン掃除機 HC-EB51レビュー 追記あり
仏像彫刻は木くずとの闘いでもあります。手軽に簡単に掃除したい。そこで購入したのがツインバードのハンディーサイクロン掃除機です。その使い勝手を徹底レビューします。
SK11 木工用角度切鋸レビュー
ノコギリで真っすぐ切るのが苦手な私が購入したのがSK11(エスケー11) 木工用角度切鋸。実際に綺麗に真っすぐ切れるのか。徹底チェックでレビューです。
義春刃物 付鋼製 高級彫刻刀レビュー
仏像彫刻を始めるために買ったよしはる刃物の付鋼彫刻刀。実際に使ってみたレビューです。