木彫刻初心者が仏像を彫る

スポンサードリンク

姫だるまの本格的な彫り作業開始

下絵まで描き終わり、姫だるまのイメージは完成しました。

 

さてここから本格的な彫りの作業に入ります。

 

まずは下絵の線を彫り起こし、姫だるまのデザインを作っていきます。

 

ここからは失敗出来ない作業です。慎重に慎重に。

まずは顔の部分を彫る

最初に取り掛かるのは顔の部分。

 

ここは他の線を彫り起こすのとは少し違い、一段深く彫り込んで、おくるみを着ているような立体感を作っていきます。

 

姫だるまの輪郭を彫り始める

 

まず初めに顔の輪郭を1.5mm丸刀で彫り進んでいきます。

 

姫だるまの素材が小さく、また1.5mm丸刀が少しづつしか彫れないので、作業は少し大変ですね。

 

ただここがしっかり彫れていないと、その後が大変なのでしっかりと、そして慎重に作業を進めていきます。

 

姫だるまの顔を彫り始める

 

そして輪郭が彫り終わったら、印刀や平刀を使って、輪郭の中を彫り、奥まった状態にしていきます。

 

姫だるまの顔を彫り一段深くする

 

姫だるまのサイズが小さいのでちょっと大変でしたが、大体彫り終わって一段深くすることが出来ました。

 

姫だるまの顔を彫ったが縁が荒れている

 

ただ縁の部分の切り口が、かなり乱れています。

 

ここは終盤で、綺麗にしなくてはいけませんね。

 

それに少し彫刻刀の切れ味が悪くなっているかもしれません。

 

次の工程に移る前に、しっかり研ぎ治した方がいいかも。

 

 

スポンサードリンク

本体の線を彫り起こす

そして残りのおくるみや模様を彫っていきます。

 

姫だるまの下書き全体を彫る

 

ここは全て1.5mm丸刀を使っていきくつもりでしたが、胸元のおくるみの重なりなどは三角刀を使って彫っていきました。

 

そとためエッジが効いた切り口になって、服が折り重なる感じが出ている気がしますね。

 

姫だるまの下書き全体を彫った側面

 

斜めからみると顔の部分が奥まっているのがよく分かります。

 

花模様の輪郭も彫り終わり、姫だるまとしてのイメージがかなり出てきました。

 

ここからさらに彫り進んで、立体感を付けていきます。

 

ただその前に、彫刻刀をしっかり研いでおいた方がよさそうです。

 

切れ味が落ちたというよりも、細かな切り口が荒れてき始めました。

 

最後の仕上げの段階に近づいてきているので、慎重に作業をしなければいけませんからね。

 

 

次ページ:姫だるまの形出しから完成へ

 

 

       スポンサードリンク


拙いブログを読んでいただき、ありがとうございました。
ブログランキングへのクリックが私の活力源。
お暇があったらクリックよろしくお願いいたします。

関連ページ

姫だるまの形出しから完成へ
一週間ほどかけて彫っている姫だるまを完成させます。少しでも可愛く、少しでも綺麗に仕上げたいですね。
姫だるまの下絵を描く
楕円に彫って大まかな形が出来上がった姫だるまに下絵を描く。ここでデザインや表情が決まっていきます。画力の無い私がどこまで可愛く描けるか。
姫だるまを楕円に彫る
姫だるまを楕円に彫って大まかな形を作っていきます。子供の成長と幸せを願う姫だるま。少しでも愛らしく優しい姿に彫りあげたいですね。
姫だるまを八角に彫る
木取りした姫だるまを八角に彫っていく作業に入ります。今回は彫刻刀ではなく小刀を使ってのチャレンジ。彫刻刀とどちらが彫りやすいかな。
姫だるまの木取り
今回は姫だるまを彫っていきます。まずは木材の木取りから。前回の反省を活かして、手早く済ませるために頑張ります。