木彫刻初心者が仏像を彫る

スポンサードリンク

おくるみに抱かれた姫だるま

子供の成長と幸せを願う姫だるま。出来るだけ可愛く作りたいですよね。

 

となると非常に重要な工程になるこの下絵描きです。

 

しかし画力の無い私か書く下絵、しかも彫る技術も未熟なのでここで一頑張りしなければ。

 

さてどれくらい可愛く描けるか、期待と不安が入り混じっております。

出来るだけ可愛い姫だるまに

前回の楕円に彫るまでの工程で、だいたいのシルエットが完成している姫だるまの素材。

 

大まかに彫り終わった姫だるま

 

ここにおくるみを着た姫だるまの下絵を描いていきます。

 

姫だるまの下絵を描く

 

元になる「はじめての仏像彫刻」の姫だるまの下絵は、わりとシンプルで可愛いので、これを出来るだけ崩さずに書いていきます。

 

とは言え拙い画力で定評がある私、そっくり同じに描ける訳はありません。0.9mmのシャーペンを使って、書いたり消したり、書いたり消したりを繰り返します。

 

下絵の描き終わった姫だるま

 

で完成したのがこの下絵です。

 

顔の部分は一段深く彫るので、ラフに線が引いてあるだけになります。

 

頭や胸元辺りが可愛く立体的に彫れたらいいですね。

 

下絵の描き終わった姫だるまの側面

 

側面には梅の花のような柄が描いてあります。

 

ここをどういうふうに彫って立体にしたらいいのかな。

 

おくるみを着ている形になるので、全体的に丸く凹凸が少ない表面になりそうなので、下絵をしっかり理解して、少しでも立体的に彫っていきたいですね。

 

 

次ページ:姫だるまの下絵を彫り起こす

 

 

       スポンサードリンク


拙いブログを読んでいただき、ありがとうございました。
ブログランキングへのクリックが私の活力源。
お暇があったらクリックよろしくお願いいたします。

関連ページ

姫だるまの形出しから完成へ
一週間ほどかけて彫っている姫だるまを完成させます。少しでも可愛く、少しでも綺麗に仕上げたいですね。
姫だるまの下絵を彫り起こす
輪郭の出来た姫だるまの下書きの線を彫り、最終作業の下準備に取り掛かります。下絵の線を細く彫り、姫だるまのイメージを頭の中で固めていきます。
姫だるまを楕円に彫る
姫だるまを楕円に彫って大まかな形を作っていきます。子供の成長と幸せを願う姫だるま。少しでも愛らしく優しい姿に彫りあげたいですね。
姫だるまを八角に彫る
木取りした姫だるまを八角に彫っていく作業に入ります。今回は彫刻刀ではなく小刀を使ってのチャレンジ。彫刻刀とどちらが彫りやすいかな。
姫だるまの木取り
今回は姫だるまを彫っていきます。まずは木材の木取りから。前回の反省を活かして、手早く済ませるために頑張ります。