木彫刻初心者が仏像を彫る

スポンサードリンク

姫だるまの八角は新しい道具で

前回の反省が活きたのか、非常にスムーズに終わった姫だるまの木取り。

 

やはりいろいろな経験が、少しずつですが身になっているんでしょうね。

 

と言うことで今回の八角に彫る作業ですが、新たなチャレンジをしてみることにしました。

 

前回は彫刻刀で彫った八角ですが、今回は小刀を使って作業してみようと思います。

素材に下絵と補助線を描く

さてまずは木取りの終わった素材に下絵の輪郭と、八角に彫るための補助線を描いていきます。

 

今回の木取りはノコギリのみで切ったので、ちょっと少なめな切り取りになっています。なので切り取り補助線は少し大きめに。

 

ちなみに今回も中心線は黒い鉛筆を使って書いています。

 

木取りした姫だるまに八角に彫る補助線を書く

 

補助線を引いてみるとあらためて分かりますが、木取りの時に切った分量が少ないので八角に彫る面積が多めになっていますね。

 

小刀で八角に彫る

今回、八角に彫るために使用するのはこの小刀です。

 

姫だるまを八角に削るための小刀

 

「彫る」と言うよりも「削る」と言う感じがしますね。

 

では「はじめての仏像彫刻」のアドバイス通りに彫っていきましょう。

 

小刀で姫だるまを八角に彫る

 

それほど高い小刀ではないのですが、刃の長さや大きさがたっぷりあるので削りやすいですね。

 

また先端を使うことで細かい作業も出来るのがいい感じ。

 

私が未熟なせいもあってか、表面が若干でこぼこしていますが、あくまでも八角にする作業なので、表面の仕上げにはそれほど気を遣わずに彫っていきます。

 

姫だるまの八角彫りの一面が終了

 

一面が彫れました。彫った分量は多めですが、作業時間は前回よりも短くなっていますね。

 

ただこの補助線の通りに彫っていくと、完成する姫だるまが少し太ってしまいような気がします。

 

どこかで少し修正を加えた方がいいのかも。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

姫だるまの八角彫りが終了

 

とか思いながら黙々と彫っていたら八角に削り終わった。

 

やはり小刀は彫刻刀に比べて刃の部分が長いので、その長さを利用して削っていくと、かなり作業が早い。

 

ただ上手にやらないと、表面の凸凹が目立ってしまいますね。

 

それに今回は小刀の使い方や切れ味をチェックしながら作業していたので少々彫りすぎた気もします。

 

まだちょっと姫だるまという感じにはなっていないですが、形しては順調かな。

 

ちょっと太めな感じになりそうですが、そこは可愛らしいということで。

 

 

次ページ:姫だるまを楕円に彫る

 

 

       スポンサードリンク


拙いブログを読んでいただき、ありがとうございました。
ブログランキングへのクリックが私の活力源。
お暇があったらクリックよろしくお願いいたします。

関連ページ

姫だるまの形出しから完成へ
一週間ほどかけて彫っている姫だるまを完成させます。少しでも可愛く、少しでも綺麗に仕上げたいですね。
姫だるまの下絵を彫り起こす
輪郭の出来た姫だるまの下書きの線を彫り、最終作業の下準備に取り掛かります。下絵の線を細く彫り、姫だるまのイメージを頭の中で固めていきます。
姫だるまの下絵を描く
楕円に彫って大まかな形が出来上がった姫だるまに下絵を描く。ここでデザインや表情が決まっていきます。画力の無い私がどこまで可愛く描けるか。
姫だるまを楕円に彫る
姫だるまを楕円に彫って大まかな形を作っていきます。子供の成長と幸せを願う姫だるま。少しでも愛らしく優しい姿に彫りあげたいですね。
姫だるまの木取り
今回は姫だるまを彫っていきます。まずは木材の木取りから。前回の反省を活かして、手早く済ませるために頑張ります。