木彫刻初心者が仏像を彫る

スポンサードリンク

いろいろ便利な道具があるもので

簡単なお地蔵さまや姫だるまなどを実際に彫ってみると、持っている道具だけでは不便に感じる場面が多々ありました。

 

特に彫る題材が小さいので、普通の日曜大工道具では使いづらいことがあるんですよね。

 

そこで今回購入したのが小さいピラニアソーとスコヤです。

 

スコヤなんて道具があるなんて、今まで知りませんでした。

スコヤってなに?

購入したピラニアソーとスコヤ

 

こちらが今回購入した2品。

 

ミニピラニアソー

 

MINIピラニアソーは名前のままの小さいピラニアソーなのですが、スコヤってなに?って思う方もいらっしゃると思います。

 

スコヤには数種類あるそうですが、今回私が購入したのは一見すると小さな差し金みたいか感じの道具です。

 

今まで作ったおだまき地蔵や姫だるまなどの作例は、非常に小さな木材から彫り出しています。

 

そこに直線を引くために使っていたのが差し金という直角定規です。

 

大工道具として使われているもので、日曜大工用に500円くらいの安いものから売られています。

 

ただそれだと、私が作るような小さな木彫刻では大きすぎるんですよね。

 

木の側面を使って直角の線を引こうとしても、大きすぎてズレてしまったり。

 

そんなことがありまして近所のDIYショップに小さな差し金を買いに行ったんです。

 

木材探しでは苦労したDIYショップでしたが、さすがに差し金はすぐに見つかりました。

 

しかもかなりの品ぞろえ。

 

プロ用のお高いものから、かなり小さなものまで様々ありました。

 

スコヤ

 

そこで見つけたのが、今回買ったスコヤです。

 

一見すると小さな差し金ですが。その一片が分厚い金属になっています。

 

スコヤが木に当てる厚い金属部分

 

どうやらこの分厚い金属の部分を木材の直角部分に当てて線を引く道具のようです。こりゃ便利。

 

スコヤで木材に直角な線を引く

 

さっそく購入して家にある木材に当てて使ってみると、たしかにこれは便利です。

 

いろいろと調べてみると、45度線も引けるスコヤもあるんだとか。

 

たしかにそんな道具も売っていた気がします。私には必要ないですが。

 

私が初心者だからか、仏像彫刻をしていると、素材にいろいろと補助線を引きながら木を彫っています。

 

その方がバランスよく彫れそうな気がしまして。

 

そういう意味では小さくて、しかも正確な直角で線が引ける道具は必需品とも言えます。

 

新しい道具も買ったことだし、新しいものを彫り始めようかな。

 

シンワ測定 完全スコヤ cm目盛 15cm 62009

新品価格
¥930から
(2017/3/21 11:30時点)

 

       スポンサードリンク


拙いブログを読んでいただき、ありがとうございました。
ブログランキングへのクリックが私の活力源。
お暇があったらクリックよろしくお願いいたします。

関連ページ

彫刻刀を研ぐ
初めてのおだまき地蔵を彫り終えて、頑張ってくれた彫刻刀をメンテナンス。しっかりと研ぎなおし、また次、頑張ってもらわないと。
仏像彫刻の作業環境を変える
仏像彫刻は、今の私の部屋の机といすではやりづらい。なので小さい折りたたみ机と座布団を用意した。
初めての木材カット
仏像彫刻用に買ってきた檜材を切ります。真っすぐに切らなくちゃいけないんだけれど、これがなかなか難しい。
友人からの木材情報
近所のDIYショップで見つからなかった仏像彫刻用の手頃な素材。そこに届いた友達からの木材情報。さっそく仏像用の木材を探しに出かけた。
仏像彫刻の材料探し
仏像彫刻をするために、なくてはならないものが木材です。近所のDIYショップを回って探してみたが、これは意外と大変かも。
本気の彫刻刀選び
彫刻刀と言っても値段にはかなり幅があり、性能もかなり違うのでしょう。では一体なにが違うのか。これから仏像彫刻を始める私が購入前にお勉強です。
最初の本選び
仏像彫刻の右も左も分からない私。まずはいろいろな本を買って、基礎知識をチェックする。まずは買う本探しから。
プロローグ
偶然出会った一冊の本から、仏像彫刻の世界を覗き見た私。様々なきっかけからこの世界の扉を開いた原点。