やすらぎの仏像彫刻 レビュー

スポンサードリンク

シンプルながらリアルサイズの仏像彫刻

今回購入した本「やすらぎの仏像彫刻」は、私が購入する仏像彫刻の本としては初めてのリアルな等身を扱った本です。

 

約180mm程度の高さの木材を使った仏像彫刻の彫り方を教えてくれる本で、仏像のお姿は非常にシンプルで初心者でもチャレンジし易い内容になっているようです。

 

まずは作例を作る前に熟読した感想をまとめてみました。

少なめなページながら一通り網羅した基礎技術

やすらぎの仏像彫刻本レビュー
この本は三種類の仏像の彫り方をメインに解説している本で、正直、基礎技術の解説に割かれたページはかなり少なめ。

 

道具や木材の事などが最低限書かれている程度という感じです。

 

また研ぎに関しては電動研ぎ機を使った方法しか解説されていない点も注意が必要です。

 

この本で扱う基礎技術の中で、一番ページが割かれいるのが彫り方に関することで、小さめな板を使って基本的な彫り方を5ページに亘って解説されているのが特徴ですね。

 

後でレビューしますが作例の作り方はかなり丁寧に説明されていますが、実はそちらでも基礎技術に関しての解説は少なめに感じます。

 

本当に基本的なことは理解して仏像彫刻を始めるという方のための本とも言えますね。

 

ある程度決められたページ数の中で作例解説をかなりのページで説明されている本なので、ここらへんは仕方がないというところでしょうか。

 

ただ本当に初心者の私でも理解しているようなところが省かれている印象なので、それほど困る方もいないのかな。

かなり丁寧に解説してる収録作例

この本に収録されている作例は三例と、それほど多くはありません。

 

その代わり、一体一体の作例の制作工程を細かく解説し、また大量の画像を使って説明してくれているので、非常の初心者に優しい仏像彫刻の解説になっています。

 

収録作例は

  • 初心地蔵 (180×45×31mm)
  • 小仏地蔵 (185×52×43mm)
  • 白衣観音 (185×52×43mm)

の三体になっています。(カッコ内は使用木材サイズ)

 

著者のお話しによると、開催されていた教室で最初に生徒さんに課題として彫ってもらっていたのが小仏地蔵だったそうです。

 

けれど彫刻刀を初めて持った方には、それでも難しそうだったので、さらに簡単に彫れるように考えたのが初心地蔵だそうです。

 

なので難易度的には初心地蔵はかなり簡単なものと言えそうですね。

 

この本では全ての作例で実物大の図面や画像を含んだ解説で、かなり丁寧に作業の工程を解説してくれているのが嬉しいポイント。

 

特に画像を使った解説が非常に多く、初心地蔵では図面とは別に235枚の画像を使って彫り方を教えてくれる丁寧さです。

 

ちなみに小仏地蔵で266枚、白衣観音で164枚の大小さまざまな画像で、作業工程や彫り進め方を解説してくれています。

 

その中でも、途中で挿まれる実物大の画像は、実際に作業を進めていく過程での目標にもなり、自分のおこなっている作業が正確に進んでいるかが確認出来そう。

 

この本の大半を、この三つの作例制作の解説に費やした割り切りの良さが、本書をとても分かりやすいものにしてくれているように感じます。

 

ちなみにこの作例で使用されている木材のサイズ。私が通販で通販で購入している「まる喜」さんで扱っている木材のサイズで非常に近いものがあります。

 

まる喜 ひのき角材(ヒノキ・桧・檜) 彫刻用  木像用 木彫用 55 ミリ×45 ミリ×185 ミリ 節なし材

 

これってとっても注文の多い定番のサイズなんですかね。

 

 

スポンサードリンク

仏像彫刻初心者のための教則本的な一冊

私のような仏像彫刻初心者には、基礎技術の習得は必須と言えます。

 

とは言えやっぱり、まずは実際に仏像を彫ってみたいと言うのが本音。

 

この本は、そういう私のような初心者に、まずはしっかりと丁寧に仏像の彫り方を説明してくれる本です。

 

作例はシンプルながら、仏像としての佇まいをもつもので、それを大量の画像を使って、手取り足取り丁寧に彫り進め方を教えてくれます。

 

もちろん最初から、作例のような優しい表情の仏像が彫れるとは限りませんが、それでも彫るために必要な情報を網羅してくれているのが嬉しいですね。

 

まずは実際に彫ってみたい。そういう方にお勧めしたい仏像彫刻本です。

 

やすらぎの仏像彫刻―実物大で作る小仏

新品価格
¥3,024から
(2017/3/21 11:08時点)

 

       スポンサードリンク


拙いブログを読んでいただき、ありがとうございました。
ブログランキングへのクリックが私の活力源。
お暇があったらクリックよろしくお願いいたします。

関連ページ

やさしい仏像彫刻 ファーストレビュー
稚児弥勒菩薩から実際の仏像の頭部などと彫り、優しいながらも仏像彫刻のスキルアップをめざす「やさしい仏像彫刻」 はじめての仏像彫刻の続編となる本のレビューです。
はじめての仏像彫刻 ファーストレビュー
ディフォルメされた可愛いお地蔵様などを実際に彫りながら仏像彫刻の基礎を教えてくれる「はじめての仏像彫刻」 実際に彫る前に熟読した感想をまとめてみました。